【2023年5月】リニューアルする”須磨海浜水族園”閉園直前リポート

関西おでかけ
HoP
HoP

みなさん、こんにちは。北摂・豊中在住のHoPです。
北摂を中心とした関西エリアのお出かけ情報について発信しています。

神戸市須磨区にある「須磨海浜水族園」をご存じでしょうか?
決して大きな水族館ではないですが、とても歴史が長く幅広い年代に親しまれてきた水族館です。
そんな「須磨海浜水族園」ですが、2023年5月31日に閉館になるとういことで、最後の思い出作りに行ってきました。
閉館はしますが、2024年春には水族館を含めた周辺の広いエリアで、リニューアル工事が進められています。
リニューアル工事でどんな風に生まれ変わるのかについても、この記事で紹介していきたいと思います。

“須磨海浜水族園”について

【神戸須磨シーワールド】 - すべてのいのちは、こんなに大きい
大阪から約50分。海の王者シャチやイルカによる感動のパフォーマンスや 世界初のデジタルコンテンツを活用したシャチ専門「オルカラボ」など、遊びながら学べる水族館【神戸須磨シーワールド】の公式ホームページです

“須磨海浜水族園”は、須磨海浜公園内にある水族館で1957年に開園しました。
その後、1987年に建物の建て替えが行われ、現在もその建物が残っています。

現在の須磨海浜水族園

アクセス

兵庫県神戸市須磨区若宮町1丁目3−5

営業時間

9:00~17:00
※5月27日~31日までは19:00まで営業

料金

現在(2023年5月31日まで)の入園料はこの料金です。

大人(18歳以上)700円
中人(15〜17歳)400円
小人(小・中学生)300円
幼児無料
2021年3月~

以前(2021年2月まで)はこの料金でした。

大人(18歳以上)1300円
中人(15〜17歳)800円
小人(小・中学生)500円
幼児無料
~2021年2月

イルカライブ館・アマゾン館・ラッコ館など一部の施設が先行でのリニューアル工事を行うことになり、館のみしか楽しむことができなくなったため、2021年3月から料金が安くなったようです。

【神戸須磨シーワールド】 - すべてのいのちは、こんなに大きい
大阪から約50分。海の王者シャチやイルカによる感動のパフォーマンスや 世界初のデジタルコンテンツを活用したシャチ専門「オルカラボ」など、遊びながら学べる水族館【神戸須磨シーワールド】の公式ホームページです

館内の様子

閉館直前の休日ということもあり、かなりたくさんのお客さんが訪れていました。

波の大水槽

https://kobe-sumasui.jp/wp-content/themes/suma_aquarium/pdf/suma_map.pdf

入園してすぐの場所には大水槽があり、サメやエイなどがたくさん泳いでいます。

大水槽の上の壁では、一日4回放映プロジェクションマッピングが実施されています。

「生きものたちと水族園の歴史を巡るスペシャルムービー」が放映されています。

HoP
HoP

須磨海浜水族館の歴史がコンパクトにまとめられている、とても印象に残る映像でした

海の生き物エリア

大水槽から奥に進むと海の生き物エリアです。
たくさんの個別水槽にさまざまな魚が展示されています。

水族館の裏側ものぞくことができます。

HoP
HoP

この水族館の歴史が長いことを感じることができました。

クラゲコーナー

二階にはクラゲコーナーがあります。

HoP
HoP

クラゲが泳ぐ姿をみると、ゆったりのんびりした気分になりますね。

水辺のふれあい遊園

3Fの屋上部分に出ると、ヒトデやエイなどに触ることができるコーナーがあります。
この日は人が多くて、なかなか触ることができませんでした。。

スマスイミュージアム

3Fには、須磨海浜水族園の歴史や今後のリニューアルについて紹介しているコーナーがあります。
こちらのコーナーの情報と合わせて、今後の水族館のリニューアルについて紹介したいと思います。

神戸須磨シーワールド

ここまで紹介してきた“須磨海浜水族館”ですが、2024年6月にリニューアル予定です。
大規模なリゾートパークができるということで、とても楽しみですね。

【神戸須磨シーワールド】 - すべてのいのちは、こんなに大きい
大阪から約50分。海の王者シャチやイルカによる感動のパフォーマンスや 世界初のデジタルコンテンツを活用したシャチ専門「オルカラボ」など、遊びながら学べる水族館【神戸須磨シーワールド】の公式ホームページです

現地で見ると、思った以上に大規模な工事が行われていてびっくりしました。

須磨海浜水族園のスマスイミュージアムには、“神戸須磨シーワールド”の完成予定の模型が飾られていました。

3つに分かれた建物の水族館となるようで、一日では周りきれないほどの規模になるようです。
料金も現在の2倍以上になるようですし、規模が大きいこともあり2日券も発売されるようです。

HoP
HoP

今の料金と比べると、かなり高額になってしまうのは気になります・・・

“神戸須磨シーワールド”は2024年6月グランドオープンのようですが、スマスイミュージアムに展示してあったスケジュールを見ると、2023年9月に「園地・にぎわい施設オープン」の文字も見られます。
先行で何かの施設がオープンするようなので、要チェックです!

【2023年8月追記】オープニングイベント開催!

2023年9月の一部リニューアルオープン、とい2024年6月予定のグランドオープンに向けて、2023年9月2日にオープニングイベントが開催されます。

出典:須磨海浜公園
ニュース NEWS | 須磨海浜公園 SUMA SEASIDE PARK
須磨海浜公園の新たな取り組みなど、最新のお知らせをご覧いただけます。

小さなお子さまも楽しめるイベントが盛りだくさんのようです。
都合のつく方は遊びに出かけてはいかがでしょうか。

さいごに

2023年5月31日で閉館する”スマスイ”こと「須磨海浜水族園」を紹介しました。
2024年6月にどんな形で生まれ変わるのか、楽しみに待ちたいと思います。
そして、オープンしたら、ぜひリポートさせていただきたいと思います!

HoP
HoP

ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました